ブログ

運営企業情報

社名
ウッドロー・ビジネス・コンサルティング株式会社
本店所在地
〒105-0014
東京都港区芝3-21-14 芝前川ビル
電話番号
03-3451-5830
FAX
03-6800-1704
サイトURL
http://www.woodrow.co.jp/


あづま幼稚園

2012年に開業した東京スカイツリーが間近にある「あづま幼稚園」。
現在、園舎を改築中(2014年度から新園舎の予定)という状況のなか、
2012年12月に完成した「地震防災マニュアル」について、その導入のきっかけや、
その後の職員の皆さんの反応などについてお聞きしました。

 

■あづま幼稚園

今年で創立62周年。墨田区という東京の下町にあり、親子2代で通ってくる家庭も少なくない、
歴史ある幼稚園。送迎用の園バスがなく、開園以来、朝は親子で登園、帰りはコース別に
先生と一緒に降園というスタイルを守っている「地域に密着した幼稚園」です。

あづま幼稚園HP

震災を通じて、マニュアルの必要性を痛感

   


2011年の東日本大震災のときに「本当に怖くて…。一番しっかりしなくてはならない自分がパニックになりそうでした」と語る田村由紀子園長。


「当時の園舎は、築約40年は経っていた建物だったので、揺れがものすごかったんです。それにこの辺は住宅地なので、火事になったときのことを考えるとさらに怖くなりました」

この震災を機に園舎を立て替えることを決断。現在、同じ敷地内に新しい園舎を建設中です。


「さらに今後、震災が起こったときに園としてどう対応しておくか、系統立てたマニュアルを作っておく必要性を感じました」
というのが今回この「地震防災マニュアル」を作成するきっかけだったそう。


でも、何から手をつけていいかわからないのが実情で、
「これは専門家に話を聞かなければ」と、タイミングよくDMが届いていた当社に資料を請求しました。


「担当の人が園まで説明に来てくれて。園の中の設備や、周辺の避難場所、地震や災害のときの職員の動きまで、
きめ細かくトータルで考えてくれることが分かったので、これはいいなと思ってお願いすることにしました。
とにかく園児の命の安全を守ることが何より大事なことですから」

あらゆる状況が起こりうることを実感


この「地震防災マニュアル」は

1防災対策編
2災害対応編
3復旧編
の3部から構成されており、約2か月間、当社の防災アドバイザーが、園にヒヤリングを行って完成させます。

そのため、それぞれの園の状況にあった内容となっています。
さらにマニュアルを作成するだけで終わりではなく、最後に「防災研修」として、
完成したマニュアルを元に、職員を対象としたさまざまなワークショップを含んだ研修を提供するところまでをフォローしています。


「マニュアルを作成する過程で思ったのは、意外と分かっているようで分かっていないことが多かったな、ということです。

地震は必ずしも園児たちが園にいるときだけに起こるわけではないので、お散歩や遠足ででかけているときはどうするのか?
降園途中だったらどうするのか?
などあらゆる状況を考えておく必要があると痛感しました。また保護者たちに園児の状況をどう連絡するのか?など、
連絡経路の見直しができたことも良かったです」

 

さらに、マニュアル完成後に「防災研修」を行ったことで、若い職員の意識も高まりました。

「どうしても普段は年長の先生の指示を受けてそれに従う、ということが多いのですが、
『防災研修』を通して、頼ってばかりではなく、自分で考えて行動しなければならないんだ、ということを感じてくれたみたいです」


研修の後半では「こういうときはどうしますか?」「消火器はここにおきましょうか?」など活発な質問や提案も若い先生たちから出たそうです。

「防災研修」中の風景。

今後は地域のためにも

マニュアルには地図や図表なども多く盛り込まれているため、「中身の濃いものになっていると思います。
この辺は川が多いので、津波のときはどこに逃げたらいいのか?といった普段知りたかったけれどなかなか調べられないことも
知ることができましたし、今は仮園舎のためテレビもパソコンもない状況なのですが、そんな中で災害が起こった時は
ラジオの速報で情報収集するといいなど、専門家ならではのアドバイスもいろいろといただけました」。


新しい園舎は3階建てで、太陽光発電や防火扉なども設置される予定です。
「この辺はお年寄りの世帯も多いので、いざとなったら園児はもちろんですが、近所のお年寄りにも園を避難場所として活用してもらうつもりでいます。
新しい園舎になったら、マニュアルを見直す必要があるので、その時にもまた相談にのってもらいたいですね」

新園舎の完成模型を見ながら当社防災アドバイザーと。

 

あづま幼稚園様、お忙しいところをありがとうございました!


ページトップへ